顎関節症と噛み合わせと頭蓋骨矯正のサイト

アゴのゆがみ相談室

顎関節症と噛み合わせと慢性病の関係を考えるサイトです。咬合治療や美容矯正の為の頭蓋骨矯正を論説しています。

顎関節症

アメリカでは、TMJ(側頭下顎関節障害)・TMD(側頭下顎部障害)・OFP(口腔顔面痛)等と分類されている疾患です。
日本では、ひとまとめに「顎関節症」と呼ばれています。
「顎関節痛」「開口障害」「顎関節雑音」が代表的な症状です。
全身に様々な慢性症状が波及する症例も多々あります。
「完治しない、治癒の難しい」疾患とされているのは、原因が習慣性であり多因子性である為です。
顎関節症は、発症初期に適切な診断や治療を受ければ、決して完治しない疾患ではありません。
患者自身の悪癖も原因であれば、それをクリアするように心掛ける必要があります。
しかし、多くの情報を提供する歯科医師側の考え方や治療法に違いがあり、それがドクターショッピングの原因になっていることも事実です。
カウンセリングでは、重篤な症状が咬合治療や歯列矯正後に現れた症例を多く聞きます。
その為、歯科医原性の顎関節症に陥らない様に、患者側もある程度の知識が必要と考えています。

噛み合わせ

 顎関節症イメージ画像
顎関節症の原因が噛み合わせに有るとして様々な治療が行われてきました。
歯科で行われる噛み合わせ治療は、理論的には全身を調整する咬合整体とも呼べるものです。
補綴や削合、スプリント治療、歯列矯正等、各歯科医師の診断や理論で行われています。
必要に応じ、口腔外科手術、理学療法、徒手矯正、心理療法等も行われます。
しかし、顎関節症や咬合不良の原因が様々であり、何が最適な治療法かは確定されていません。
顎関節症の病因論(歯列の乱れ・低位咬合・不良補綴など)については賛否両論があります。
治療法の選択は、あくまでもケースバイケースであると解釈すべきでしょう。
何か一つに原因を限定すべきではないとも考えています。
同時に安全な咬合治療(噛み合わせ治療)が確立されることを願います。

頭蓋骨矯正

オステオパシーのCST(頭蓋仙骨治療)、カイロプラクティックのSOT(仙骨後頭骨テクニック)。
これら頭蓋骨系療法は、疾患の治療法としてアメリカから伝えられました。
日本では顔の歪み(ゆがみ)矯正、または顔を小さくする等、「美容目的の頭蓋骨矯正法」として一般的に広まっています。
しかし、顔面骨や顎位の矯正法の中には危険で本末転倒な治療法が存在しているのも事実です。
頭蓋骨矯正を受けて顎関節症や咬合不良になったと訴える人も少なくありません。
その為、頭蓋骨矯正に関して正しい認識を持っていただく事を目的に作成しています。
後頭骨と仙骨の関係から、顎の矯正には骨盤矯正が不可欠とする考え方もあります。
ここでは、顎関節症や噛み合わせを起因とした慢性病の改善と審美を目的とした頭蓋骨矯正を紹介していきます。
最後に、ジョン・E・アプレジャー著「頭蓋仙骨治療U」にある文を紹介いたします。
「将来、、TMJ症候の診断と治療における頭蓋仙骨系の重要さが歯科業界に理解されるであろう。理想を言えば、優秀な頭蓋仙骨治療者が顎関節問題のある患者を歯科医と協力して治療すべきである。」
私は生粋の頭蓋仙骨治療者ではありませんが、歯科に育てられた施術家としての立場で今後も活動していきます。
詳しくはクリックして御覧下さい。 >>> 「顎関節症と噛み合わせと頭蓋骨矯正を考える」

このホームページを作成・管理しているのは、ケアマッサージ指圧ケーアイ治療院の加藤高明です。
院内治療および保険適用の訪問在宅マッサージを行なっています。是非、ご相談下さい。

施術または相談をご希望の方は、下記「入口」をクリックして下さい。
国立市の桜

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • ケーアイ治療院を検索

Google
ウェブ全体 を検索 アゴのゆがみ相談室 を検索
excite Infoseek フレッシュアイ 手技リンク

Welcome!アゴのゆがみ相談室 

総訪問数

当サイトの内容を盗用していると思われるHPを発見した場合は、お知らせ下さい。
相互リンクの御問い合わせも下記アドレス宛てに送信下さい。

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています
Copyright(c)2002-2015 takaaki kato.All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.